はくじゅからのお知らせ
9月の全国郷土料理食 新潟県
こんにちは。9月の全国郷土料理食は新潟県です。
新潟県と言えば皆様は何を思い浮かべますか?

⊡「国境の長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった」で始まる川端康成の小説『雪国』の舞台。
⊡元総理大臣《田中 角栄》は「日本列島改造論」を発表し高速道路や新幹線などのインフラ整備を強化した政治家で、当時の日本に衝撃を与えました。
⊡皆様ご存知の《コシヒカリ》は新潟県魚沼地区で栽培されたものが全国的なトップブランドになっていますね。
⊡戦国時代の越後の国(新潟県)の武将・戦国大名で有名な上杉 謙信。
「義」に生きた武将で有名です。
                                などなど。

では、今回のメニューです。
H280929新潟県

○けんさ焼き(味噌焼きおにぎり)
    上杉謙信が諸国を遠征した際、千時兵糧として剣の先におむすびを刺して焼いて食べたと言われています。現在は、新米の収穫を祝う行事食にもなっています。

○のっぺい汁
  全国各地に伝わる郷土料理ではありますが、鶏肉や根菜類などの食材を鍋で煮込み、里芋で自然なとろみをつけるのが特徴です。また、里芋と並ぶ名産品で鮭やイクラを加えることもあります。

○たれカツ
  由来は、昭和初期までさかのぼります。「とんかつ太郎」と言う屋台の創業者である故・小松道太郎氏が卵でとじないカツ丼を提供していました。醤油たれのみの醤油たれカツです。

○胡瓜と菊の和え物
  新潟県の秋の特産に食用菊があります。名前は「かきのもと」。中越地方では「おもいのほか」と呼ばれていて花弁は赤紫でほろ苦さがあります。

今回のこちらの都合で黄色の菊を使用しました。ここで栄養豆知識。
食用菊の栄養科には注目すべきものがあります。
 ・毒素の排出を促します。・悪玉コレステロールの抑制。・発癌予防。
 ・各種ビタミン(VC・VE・VB₂・VK)も含まれています。
  VC・VEは美肌作りに、VB₂は脂質の代謝に、VKは血液凝固に 関わります。
ちなみにVKで骨代謝に関わるものはVK2で微生物によって作られる納豆などの食品に多く含まれます。
調理としては、加熱すると変色しやすいので、基本的に茹でるか生での摂取がお勧めです。

○キウイと甘栗
  新潟ではブドウ・桃・梨が有名ですが、栗も有名です。新潟の栗は入手できませんでしたが、秋の味覚として提供いたしました。

来月は、栃木県です。
                        管理栄養士  澤田 明子
ページの先頭へ戻る