はくじゅからのお知らせ
研究発表in全国大会
残暑お見舞い申し上げます。
…残暑どころかまだ暑っつぅべな!と皆さんのツッコミが聴こえてきそうですが、皆さん、熱中症にはくれぐれも注意しましょう!

「ツッコミ」といえば大阪!

大阪、楽しみ!

(…まあ、その話は後ほどにして)

私たちが働く介護老人保健施設(以下、老健)はくじゅの入所棟2階は療養者ベッド数81床に対して、スタッフは看護職・介護職合わせて約40名働いています。
私たちは自分の知識・技術向上のため毎月勉強会を開いたり、県内外へ研修にも出かけます。
 その他にも、各専門部署で1年を通して「研究」に取り組んでいます。これは全国の老健で取り組んでいるもので、療養者様により良い環境で過ごして頂けるよう、また自分の力でいつまでも元気に楽しく過ごして頂くように、ありとあらゆる方向から観察し、テーマを決めます。テーマが決定したら、他施設で取り組んでいるものや偉い方が研究したものなど調査し、目的・方法を決め自分の施設で取り組んでみます。

例えば過去の「研究」では、
・朝食にカルシウム摂取のため牛乳を出していますが、牛乳にはトリプトファンと言う安眠効果がある成分が入っています。そのため夕食に牛乳を出し安眠効果が得られるか?
・発熱で入院する方を少なくするため、夏場は経口補水液を飲むと良いとのことであり、成分(塩、ビタミンなど)を調べて美味しさを損なわないよう配合して提供して入院を減少させることが出来るか?

などなど沢山行なってきました。

その毎年行なっている「研究」を発表できる場があります。それが、

『全国老健大会』

というものです。
開催場所は47都道府県から毎年1ヵ所決定され、自分たちで申込みをして、発表させてもらいます。(もちろん合否はあります)

さて、今年の全国大会はというと…

ポスター

そうです!大阪なんです!!
ヤッター!! ←←←大阪めっちゃ好きやねん by筆者(笑)

過去にも京都や神奈川、岩手にも行かせてもらっています。
確かに全国の施設の皆さんの前で発表するのはとてつもなく緊張します。    でもそれ以上に達成した快感は何物にも変え難いものがあります。
やればやるほど「研究」にやりがいがでる → 研究を発表しに県外に行く → 何なら少し遊ぶ(笑) → また行きたい! → 「研究」頑張ろう! → 研究成果によっては介護の質や療養者様の生活の質が良くなる(もれなく自分の頭も良くなる(笑))…ほら良い事づくし!!(^.^)
介護とは日々、人のために仕事をしているばかりでなく、自分のためにも働けるんですね~

…ね、楽しそうでしょ?
よろしければ、ご一緒にどうですか?


では、次回もお楽しみに~~
ページの先頭へ戻る