はくじゅからのお知らせ
【平成28年度八戸看護専門学校実習スタート!】

 今年度も当施設に『八戸看護専門学校』から看護師の卵たちが臨地実習に来ています。

 看護学実習とは、クラスの中でいくつかのグループに分かれて、それぞれ別々のローテーションで病院や介護施設などでこれまで学習した事を、今度は現場で実際に学ぶという事です。その各部署には「看護学生指導者」がいて、学校の実習目標に合わせた指導を行っています。
286161.jpg

286164.jpg

 当施設では、「介護保険」や「介護老人保健施設の役割」、「病院」と「介護施設」の違いなどについて学びます。
これはすべて、来年の看護師国家試験に合格して立派な看護師になって頂かなくてはならないためであり、我々実習指導者も責任重大ってわけです(^_^;)


 時期尚早ですが、来年、無事に全員合格できますように

!!合格祈願!!

                        看護学生実習指導委員 小松隆志

ページの先頭へ戻る