はくじゅからのお知らせ
リハビリ科での勉強会の様子
 はくじゅリハビリテーション科では毎月、主に最新のリハビリ治療など勉強会を行っていますが、
今月は少し変わった勉強会を行いましたのでご紹介します。

 テーマは「調理訓練」でした。
 現在はくじゅを利用されている利用者さんは、麻痺の方が多く、発病前に行っていた家事が困難な方も多いのですが、
今後行なってみたい活動の一つに「調理」を挙げられる方が多くいました。
 また、今年度からデイケアでは、単なる機能訓練だけでなく、具体的な活動(調理など)の習得や
地域社会への参加を目指すものとなりました。
 
調理というと、台所で野菜や肉を切って調味・加熱…などを思い浮かべると思いますが、実際はというと…。
  ①献立の立案  ②材料の調達・購入・保存  ③調理用具・調理場の準備 
  ④食材の下準備  ⑤調理・加熱  ⑥盛り付け  ⑦配膳 食事  ⑧後片付け
とざっと工程を記述してもこのぐらいあります。
身体的にも立っている時間の長さ、細かい移動など大変な活動です。
また、頭もとても使うので、認知症の予防にも有効であると言われています。

生活に直結したリハビリプログラムと言えます。
 
今回の勉強会の中では、材料と少し特殊な調理器具を揃え、片麻痺の方を想定して調理の実習を行いました。
作ったメニューはカレーです。

実習後は、独身スタッフの夕食になりました!

写真だけ見ると、仕事中にただ料理をして遊んでいる感じなのですが、失敗せず安全に行うポイントを習得する為に真剣でした。

利用者様の、調理をするという役割の再獲得に少しでも支援・貢献できれば幸いです。

IMG_04801.jpg
 滑り止め、釘付まな板、スライサー

IMG_04812.jpg
ジャガイモの皮むき

IMG_04833.jpg
野菜のカット   

IMG_04914.jpg
スライサーを使った野菜のカット
ページの先頭へ戻る