はくじゅからのお知らせ
感染対策委員会より
現在、八戸市保健所及び三戸地方保健所管内で水疱(みずぼうそう)の流行警報が発令されています。水痘は、空気感染、飛沫感染、接触感染により広がり、潜伏期間は約2週間程度と言われています。発疹の発現する前から発熱が認められ、典型的な症例では、発疹、水疱、等を経て痂皮化(かさぶたになること)して治癒するとされています。

水痘にはワクチンがあり、 平成28 年3 月から水痘ワクチンを高齢者の帯状疱疹予防に使用することが承認されました。費用は自己負担となりますが、帯状疱疹による様々な合併症や神経痛の予防になります。また、全国的には風疹も流行しています。そして、インフルエンザのシーズンになってきました。

現在、青森県内ではインフルエンザA型が検出されているようです。これらの情報は、青森県のホームページで、流行している感染症発生状況が確認できるので参考にしてみて下さい。
感染症の予防は『手洗い、うがい』が基本です。
玄関や各所に手指消毒剤の設置もしておりますのでご活用ください。
3011226 感染対策委員会
また、今後インフルエンザ流行警報が発令した際には面会制限をお願いする事が考えられます。ご面倒をおかけいたしますがご理解ご協力をお願いいたします。
ページの先頭へ戻る