はくじゅからのお知らせ
「はくじゅ健康カレッジ体育学部主催 ボッチャ」
今月からはくじゅで開始している「ボッチャ」について紹介します。
「ボッチャ」と突然紹介しましたが、ご存知の方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?
(ボッチャについて下の方に載せてますのでご覧ください。)

投げる方向・距離感、ボールの持ち方や離すタイミングなど、簡単なようで思うようにできず
やってみると非常に戦略的で奥の深いスポーツです。
初心者でも車椅子に座っている方でもどんな人でもできるスポーツですので、ジャックボール
(目標球)と赤・青の各6個のボール、少し広い場所さえ確保できればできます。

百聞は一見にしかず!ぜひみんなでやってみましょう。ヽ(≧∀≦)ノ
運動のリハビリだけがリハビリではありません。楽しかったことや生活に目標を失ってしまった状態から、新しい楽しみや目標を再獲得することもリハビリとして重要です。

本気で取り組み、本気で目指せば日本代表への道もあるかも・・・(;゜0゜)

写真は、実際にはくじゅデイケアの利用者様で行った様子です。
300725 ボッチャ①
300725 ボッチャ②
利用者様からは、「面白かった」「またやりたい」「日本代表を目指すのは…(笑)」
といった声が聞かれました。


ボッチャとは・・・
ボッチャは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。障害によりボールを投げることができなくても、勾配具(ランプ)を使い、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加できます。 競技は男女の区別のないクラスに別れて行われ、個人戦と団体戦(2対2のペア戦と3対3のチーム戦)があります。
           “一般社団法人日本ボッチャ協会 ホームページより引用”

更に詳しく知りたくなった方は今すぐ「ボッチャ」で検索!!

ページの先頭へ戻る