はくじゅからのお知らせ
スポンサーサイト
  1. --/--/--(--)
  2. |
  3. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~3月の行事食~
3月の行事食では、桃の節句、春彼岸、郷土料理を提供させていただきました。

入所ひな祭りメニュー 3月3日
【献立/ちらし寿司、あさりのすまし汁、ふきの炒め煮、三色ケーキ】
H300303 ひな祭り①

また、デイケア利用の皆さんにはひな祭りを含む期間【3/2~3/5】の4日間、
お刺身定食を提供させていただきました。
皆さん、普段とは少し変わったお食事をお楽しみいただけたでしょうか(*^^)v
H300303 DC刺身定食①
皆様からの声(^-^)/
・ちらし寿司が可愛らしく盛り付けされていて良かったです!
・刺身定食がバラのようで綺麗でした!


岡山県の郷土料理 3月14日
【献立/どどめせ、すまし汁、焼き鯖、ほうれん草のくるみ和え、いよかん】
H300314 郷土料理 岡山県①
皆様からの声(^-^)/
・炊き込みご飯を酢飯で食べるのが初めてで、とても楽しめました。

岡山県の郷土料理の一つとして「どどめせ」と呼ばれる、炊き込みご飯の
ちらし寿司バージョンのものがあります。炊き込みご飯でちらし寿司・・・?
と想像ができない方のほうが多くいらっしゃると思います(;’∀’)

中世鎌倉時代から伝わる備前福岡の郷土料理で「備前ばら寿司の元祖」といわれ、
素朴な味の中に独特のまろやかな風味が生きている料理になります。

諸説によると、「福岡の市」(現在の岡山県瀬戸内市長船町福岡)の渡し場にあっためし屋で、
高瀬舟の船頭たち用に毎日炊き込みご飯を作っていたところ、ある日酒に酔った武士が
それをやっかみ、酸っぱくなったどぶろく(にごり酒)をそれを炊く釜の中にひっかけて帰ったとのこと。

昼食時、何も知らずに食べた船頭たちは、いつもと違う味に「うめえ、うめえ」と喜んで食べたのが
そもそもの始まりだと言われているそうです(*^_^*)
たった一つの出来事から郷土料理になるまで、
皆様に受け継がれるというのもすごいことだなと思いますよね(^^♪


春彼岸メニュー 3月21日
【献立/赤飯、すまし汁、煮しめ、茶わん蒸し、いちご、牡丹餅】
H300321 春彼岸メニュー①
皆様からの声(^-^)/
・ 茶わん蒸しが久しぶりで美味しかったです。苺が3個もあって嬉しかった!
・ おやつには牡丹餅で彼岸を感じられました。

3月の行事食はいかがだったでしょうか?
4月は郷土料理の他に、『お花見弁当』も考えていますのでお楽しみに~♪
ページの先頭へ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。