はくじゅからのお知らせ
利用者様とのつながり
  1. 2017/10/19(木)
  2. |
  3. 看護介護職員のブログ
通所の清水です。最近空気の冷たさが身に染みるような年頃になりました。
最近利用者様の介助をしている中であった出来事をお話ししたいと思います。

まず一つ目のエピソードですが、女性の利用者様でスタッフの手を握り「いやぁ
暖かいなぁ」と言ってずっと繋いでいてくれます。先日も繋いだまま座席まで歩いて
いきました。その間「なんで皆さん暖かいんだろう」と聞かれて「中の暖かいところで
待ってたからだよ」と答えたら「私も暖かい家から出てきたんだけどね」と話され笑って
おられました
DCブログ_写真1


二つ目のエピソードですが、昨年の話になりますがアクティビティで南郷の青葉湖へ行き
屋形船に乗り、その後道の駅で買い物をしてきました。その時のことを覚えて下さっている
利用者様から「今年も行きたいなぁ」と言われて上司へ相談し今年も行く計画をさせていただきました。
dcブログ_写真2


三つ目のエピソードですが、先日利用者様の介助中足に「力がしっかり入っていますね。
今朝はご飯をしっかり召し上がってきましたか?」と伺ったところにっこり笑われて
「梅干し」と答えられました。日頃物静かな利用者様でしたが、その時の笑顔が素敵で
それから利用日の度に何を食べてきたか聞くのが私の日課となっています。


私は何気なく接しているつもりが、利用者様にとっては心に印象深く残ったり、触れる事で
想いが伝わる事もあるのだと感じました。

これからも利用者様の笑顔が多くみられる介護士を心掛けていきたいです。


ページの先頭へ戻る