はくじゅからのお知らせ
11月になりましたね。
先月は紅葉のお話をしましたが皆さん紅葉狩り出来ましたか(*^-^*)??
個人的な話になりますが、先日紅葉を見に弘前公園と中野もみじ山に行ってきました。
見頃の時期だったため少し混雑していましたが、秋を感じられるとてもいい景色でした(^^♪

また、東京に行く機会があったのですが、神宮外苑のイチョウ並木がとても綺麗でした。
今年はいつもより雪が降るのが遅いと言われていましたが、それでもやっぱり青森の秋は短いですね…。急な冷え込みも増えてきますので、体調管理をしっかりとしていきましょう🚩

先月、デイケアの皆様よりお話にあがっていた「焼きいもやりたい!」という声にお応えして、11月はデイケアと入所の皆様に1回ずつではありますが提供させていただきました。
301101 焼きいも提供
焼きいもを運んでいる際に「い~しや~きいも~♪」と歌っている方や、他利用者さまに「お芋が来たよ♪」と声をかけている方も見られ、皆様楽しまれているようでした(*^^*)


文化の日メニュー 11月3日
【献立/雑穀ご飯、とろろのすまし汁、揚げ出し豆腐、里芋の煮物、畑菜の和え物、柿】
301103 文化の日メニュー
皆様からの声(^-^)/
・雑穀入ってら!正月かと思った(^_^;)
・里芋が少し硬かったな~。いつもより品数多かったよ!
・柿が甘くておいしいな♪


三重県の郷土料理メニュー 11月21日
【献立/アサリの炊き込みご飯、かぶのすまし汁、鶏肉の味噌焼き、ちゃつ、柿のヨーグルト和え】
301121 郷土料理 三重県
皆様からの声(^-^)/
・アサリの炊き込みご飯美味しく頂きました♪
・鶏肉の味噌焼きが味がしっかりついていたよ~!

<今月の郷土料理の「ちゃつ」とは…??>
海・山・陸の食材を使用し、酢と砂糖で味付けされた身体に優しい料理のことをいいます。
レンコンや人参、椎茸、昆布を使用して提供させていただきました。
三重県では給食のメニューとしてでも提供される人気のあるメニューだそうです(*^^*)

では、「ちゃつ」という名前はどこから来たのか…。この名前は諸説ありますが、
お菓子などを盛る漆の器にこの料理が盛り付けられていたためと言われています。
お味はいかがでしたでしょうか??


もうすぐ冬の季節❄
ということで、11月のデイケアの誕生日会に鍋料理を提供させていただきました。

今回誕生日会に参加された利用者様で最高齢はなんと『100歳!』(;゜0゜)
いつもの食事より少し多い量でしたが、すべて食べることができていました!!
301122 DC誕生会11月の料理
他の利用者様もこのような機会はめったにないということで、参加された利用者様に
進んでコミュニケーションを取りに行っている光景も見られました。
とても楽しい誕生日会になったのではないでしょうか(*^-^*)

今月の行事食も楽しんでいただけたでしょうか(*^-^*)??
いよいよ今年も残り1ヶ月。12月はクリスマスメニュー、年越しメニュー、郷土料理メニューを考えていましたので、お楽しみに♪
現在、八戸市保健所及び三戸地方保健所管内で水疱(みずぼうそう)の流行警報が発令されています。水痘は、空気感染、飛沫感染、接触感染により広がり、潜伏期間は約2週間程度と言われています。発疹の発現する前から発熱が認められ、典型的な症例では、発疹、水疱、等を経て痂皮化(かさぶたになること)して治癒するとされています。

水痘にはワクチンがあり、 平成28 年3 月から水痘ワクチンを高齢者の帯状疱疹予防に使用することが承認されました。費用は自己負担となりますが、帯状疱疹による様々な合併症や神経痛の予防になります。また、全国的には風疹も流行しています。そして、インフルエンザのシーズンになってきました。

現在、青森県内ではインフルエンザA型が検出されているようです。これらの情報は、青森県のホームページで、流行している感染症発生状況が確認できるので参考にしてみて下さい。
感染症の予防は『手洗い、うがい』が基本です。
玄関や各所に手指消毒剤の設置もしておりますのでご活用ください。
3011226 感染対策委員会
また、今後インフルエンザ流行警報が発令した際には面会制限をお願いする事が考えられます。ご面倒をおかけいたしますがご理解ご協力をお願いいたします。
今年の『介護技術コンテスト2018』に当施設から3名の職員が参加しました。
参加した感想等を職員用広報誌に載せたものをご紹介します。
301126 介護技術コンテスト2018
平成30年9月7日から9月9日までの三日間で行われました、第52回日本作業療法学会に行ってまいりました。
研究テーマは「地域高齢者の行動範囲の変化がTimed up-and-goテストに与える影響」です。
301102 作業療法学会②

学会の場所は名古屋!
301102 作業療法学会①
301102 作業療法学会③
私事ではありますが東京から南へは行ったことがありませんでしたので、
行動範囲の広がりを感じ電車の移動やらで運動量が向上したと思われます。

行く場所や目的の場所が広がれば運動量も活動量も必然的に増えます。
地域高齢者においても同様だと考えられます。出かける目的や場所があることが重要であり、そんな通いの場が地域に点在することで行動範囲の維持や広がりがみられ運動能力の維持・向上へとなっていくと思われます。

今回、学会での発表も有意義でしたが、未開拓の地へおもむき見て聞いて味わって良い経験となりました。

リハビリテーション科 古舘幸治
  1. 2018/11/02(金)
  2. |
  3. 看護介護職員のブログ
私はSGグループに務めて、6年目となります。
入社当時は、はくじゅではなくGH(グループホーム)市川で勤務していました。
GH市川にて4年、入所2Fで2年目というのが私の経歴です!

入社当時は現場を知らない介護初心者でしたが、現場で経験豊富な上司・先輩方にご指導頂き
現場や介護技術・知識が高まり、自分の仕事に自信を持てるようになってきました。

GH(グループホーム)市川、入所2Fと経験して1日の過ごし方、入所する利用者様、スタッフの動きなどそれぞれで異なる事が沢山ありますが・・・
「利用者様の楽しそうな笑顔」と、それにつられて笑う「スタッフの笑顔」。
この2つは共通の財産だと感じました。この2つを見ると心が温かくなり私まで楽しくそして自然と笑顔になります。
301102 看介護ブログ

介護という仕事は決して楽しいことばかりではありません!!
けど・・・それに見合うだけのことも同じぐらいあります。
今日も明日も明後日も、利用者様の笑顔とスタッフの笑顔で笑いあっていけるように頑張っています。
ページの先頭へ戻る