はくじゅからのお知らせ
梅雨に入りましたね。雨雲が広がりポツポツと降り出し、そうかと思うと晴れ間が
見えて、少し体を動かすと汗がジワ~っと出たり・・・。
不安定な天候に加えて、湿度が高く洗濯物が「まだ、乾いてない!」なんてことが
ある時季ですね。
 
今月の行事食は、“父の日メニュー”と“全国郷土料理・静岡県“を提供しました。
  
父の日メニュー
   雑穀カレー
   コンソメスープ
   大根とパプリカのサラダ
   フルーツ(メロン2種)

29618父の日①

利用者様からの感想は
    「珍しく、雑穀を食べた。」
    「何種類の雑穀が入っているの?」
    「今日のカレーは、賑やかでいいね。」
    「メロン、最高だよ。初物だよ。」
    「メロンだったら毎日食べたい。」


全国郷土料理・静岡県
   しらすご飯
   茶そば汁
   天婦羅(かしわ・南瓜・椎茸・いんげん)
   キャベツと小エビの酢味噌和え
   フルーツ(りんご・キウイ)

29623郷土料理静岡県②

利用者様からの感想は
 「久しぶりにしらすを食べた。そのままだとしょっぱいけど
   ご飯に混ざっているから美味しくいただけましたよ。」
 「茶そばが良かったねぇ。献立に、時々出してよ。」
 「かしわ天が硬かったけど、珍しい物を食べたよ。」
 「天ぷらの衣がサクッとしていればもっと良かったなぁ。」
 「りんごが良かったね。まさか今の時期に食べれるなんて。」
等々、たくさんの、声を頂戴しました。

次回の行事食は七夕のメニューです。
お楽しみに~。(^。^)y-.。o○
                          管理栄養士   澤田 明子
  1. 2017/06/22(木)
  2. |
  3. 看護介護職員のブログ
今回のブログを担当するはくじゅ入所1階の花村です。
私がはくじゅで働いてから、1年が経ちました。
去年の4月は、何をするにも緊張し、利用者様との関わり方や、
ケアの仕方も分からず、日々不安な毎日を送っていました…

イラスト4イラスト1

大学では、福祉についての勉強をしていたものの、
実際にケアを行ってみると、いかにコミュニケーションが大切なのかを改めて感じました。
コミュニケーションが重要だと分かっていても、
利用者様との信頼関係も築いていないため、会話もなかなか弾まず、苦戦する毎日でした。

しかし、指導者・先輩方の助言やフォローによって、少しずつ業務にも慣れてきました!!
今では、利用者様と楽しく笑顔で会話できています。
何よりも、利用者様からの笑顔や、
「ありがとう。」という一言が私の原動力になっています。

そして4月になり、新人職員の入職もありました!!
1年前の私が不安だった時、先輩方がフォローしてくれたように、
今度は私がフォローできるよう、頑張っていきたいと思います!!

イラスト2

これからも、日々の業務を丁寧に行い、研修などで知識を深め、
利用者様が「楽しい」と思えるような毎日を一緒に作れるように頑張っていきたいです。

イラスト5イラスト3
6月12日(月)、八戸市三日町にある「八戸ポータルミュージアムはっち」4階「こどもはっち」において、老健はくじゅ利用者様より子供たちに「折り紙」をプレゼントさせていただきました。

今回は利用者様が、「ぜひ直接子供たちにプレゼントしたい」とおっしゃっていただいたことがきっかけでした。

cはくじゅDC2(こどもはっち)


「折り紙」が必要と知ったのは、地域共生社会に関するパネルディスカッションに参加したことがきっかけでした。
パネルディスカッションでは、はちのへファミリークリニックの小倉和也院長や、子ども・障害者・認知症高齢者の団体の代表の方々がそれぞれの活動について発表されました。
 質疑応答の際、私たち一般市民が何か協力できることはないかと尋ねたところ、「こどもはっち」を運営する「NPO法人はちのへ未来ネット」の代表平間様が、「折り紙」が沢山必要なので、折り紙自体か折り紙を折ってくれるボランティアさんがいると助かる、とのお話を伺いました。
 
「こどもはっち」は、ネットワークの力で子どもと親の「育ち」を応援することをミッションとし、子どもと親が希望と安心感を持って幸せに暮らせる地域を創ることをビジョンとしています。まさに、子育てを通して地域共生社会を目指している団体です。
 「こどもはっち」は、毎月約4000人の子どもさんの利用があり、帰る際に、子どもさん一人ひとりに「折り紙」を手渡しているそうです。つまり、毎月4000個以上の折り紙が必要!!

 そこで、老健はくじゅをはじめとする我々SGグループの事業所で折り紙を折って
プレゼント出来れば、この八戸地域の子ども達の子育て支援になり、また、通所や入所施設の利用者様にとっては、機能訓練や認知症予防に効果があるのではないかと考えました。

 現在、我々SGグループ県南8事業所にて、利用者様に折り紙製作をお願いしています。(折り鶴・手裏剣など)
利用者様の中にはご自宅に持ち帰り、熱心に作ってくださっている方もいらっしゃいます。

CIMG0836_20170615172354ec2.jpg

プレゼント当日は、子供たち以上に利用者様は満面の笑みでした。

木村 和年

はくじゅDC1(こどもはっち)



  1. 2017/06/13(火)
  2. |
  3. ~重要なお知らせ~
皆さんこんにちは!

八戸西病院において
看護師資格をお持ちで、就労ブランクのある方に対し
再就労に向けた講習会を開催いたします。

是非ご参加のほどよろしくお願いいたします。

申し込み方法
 お電話 0178-28-4000
 メール info@silverrehab.jp



潜在看護師 ポスター20170612
6月6日(火)、根岸地区老人クラブの方2名が、はくじゅを訪ねて下さいまして
地域の方が作って下さった ぞうきん を寄贈いただきました。
(ダンボールひと箱分のたくさんの量です)

入所2階の利用者様2名が代表で受け取り
「どうもありがとうございました」とお礼も言ってくださいました。

はくじゅは建物が大きいため、お掃除も大変!
ぞうきんを頂戴できるのは大変助かります。

はくじゅも地域の方に貢献できるような取り組みを進めてゆきたいと思います。
老人クラブの皆様、本当にありがとうございました。

DSCN3007.jpg

DSCN3011.jpg

寄贈に来てくださった
中村 卓蔵様 (左) と悪虫 義夫様(右)
ページの先頭へ戻る